logo
株式会社バイタリティ
RECRUIT2020

MEMBERS STORY
チャンスを掴んだ先輩たち

チャンスが来たら、迷わずチャレンジ!
やりたいことを発信し続けて実現
念願の手打ち蕎麦のお店の店長に
田村 成輝 一般社員/たむら

入社したきっかけは?

バイタリティの社員だった知人の紹介で、最初はアルバイトで働いていました。バイトをやりつつ、社員になりたいと惹かれたのは「研修がしっかりしているところ」が大きかったです。社外研修にはお金もかかるし、飲食業界は忙しい業界です。そんな中で、研修を整えているバイタリティに興味を持ちました。
そもそも飲食業界で働こうと思ったのは、実家の蕎麦屋で手伝いをしていて、学生で大学に入って勉強をしている時間よりも、体を動かして働いているときのほうが充実していると感じたからです。両親が楽しそうに仕事をしていた影響も大きいです。

仕事内容や仕事へのこだわりは何ですか?

仕事でやりがいを感じる瞬間は、自分が作ったものを目の前のお客様にすぐ出せることです。そして、「美味しい!」「いいお店だね」って直接お客様からの声が聞ける。手打ち蕎麦を出しているので、こだわって手作りしたものだからこそ、自信を持ってお客様にも提供することができます。他の業種だと、製造(飲食で言う調理)と販売(飲食で言う接客)が別のことが多く、自分が作った商品を直接お客様に提供することができないので、飲食で働くことの魅力は、自分がこだわって作ったものを食べたときの反応を見ることができることだと思います。

チャンスを掴んだ経緯と、今後の目標は?

「この会社に入るからには、手打ち蕎麦をやりたい」と自分の想いを先輩にも社長にも伝えていました。社長が蕎麦好きなこともあって、僕の夢である蕎麦屋をお店に出すことを応援してくれていました。叶えたい夢や目標がある人は、バイタリティで「○○をやりたいんです!」と発信してみるといいと思います。

今後の目標としては、バイタリティのお店「手打ち蕎麦 たむら」が東日本橋にあるから、遊びにいきたい!という人をもっと増やすことです。現状、ご近所の方たちが来てくれるお店になっていますが、さらに多くの人に楽しんでいただきたいです。 また、「蕎麦打ちをやりたいから、たむらで働きたい」と目指して入社してくれるお店作りをしたいです。高校生の頃から描いている夢なのですが、将来的にはアメリカで蕎麦屋をやりたいと考えています。

バイタリティの魅力は?

「やりたい!」と思えることを、実現できる環境があるところです。僕自身は、蕎麦屋をやりたいと言い続けたことで店長になるチャンスをもらいました。一方で、自分の夢をまだ持っていない人にとっても、努力を積み重ねる中で夢が見つかったり、周りの仲間から刺激をたくさんもらえたりできる場所だと思います。

またバイタリティには、研修制度が多くあり、社外の研修を受ける機会もあります。高額な研修費用を会社負担で学びの場をもらえるのはとても有難いです。僕自身、自分の足りない面も見え、考え方が変化させるきっかけになりました。社外研修は社内でも進んで行きたいと希望する人が多く、順番に参加をしています。

心に残るお客様とのエピソード

普段からお客様とお店の繋がりを感じる機会が多いです。たむらもオープンして1年は、苦しい状態が続いていました。そんな時に、常連さんが心配したり応援したりしてくれていたんです。常連さんとスタッフが話し合って、仲間が助けに来てくれることもありました。普段からのかかわりがとても濃くて、何か嬉しいことがあれば、いっしょにすごく喜んでくれる。そんな家族みたいな存在です。
また東日本橋という場所は、2020年のオリンピックに向けて開発があり、昔と大きく変化しています。新しくこの町に来る人も増えていて、古くからこの町にいる人といっしょに新しいことが出来そうでますます面白いエリアにしていけそうです。