logo
株式会社バイタリティ
RECRUIT2020

MEMBERS STORY
チャンスを掴んだ先輩たち

20歳になってすぐ!
心のよりどころになる場所
BAR96でバーテンダーデビュー
小野寺 悠 一般社員/BAR96(バークロ)

入社したきっかけは?

入社したきっかけは、社員さんが楽しそうにバイタリティのことを話す様子を見て、バイタリティが本当に好きだという気持ちが伝わってきたからです。またバイタリティ初の2軒目に選ばれる業態として、バーをオープンすると聞き、チャンスだと思いました。そしてBAR96のオープンに合わせて、ちょうど20歳になったタイミングで入社をしました。

私は以前、ホテルのレストランで働いていました。そこではお客様から話しかけてくれる機会があっても、私語として見られ、話すことがいけないという雰囲気が漂っていてました。そこに疑問を感じ「もっとお客様とお話できる仕事がしたい」と転職活動を始めました。またホテルの仕事は早朝も多く、夜型の私にとっては、夜に仕事ができるという点でもバー店員という仕事に興味が湧きました。

仕事内容や仕事へのこだわりは何ですか?

仕事のやりがいを感じる瞬間は、お客様から「このお店あってよかったなぁ。このお店あるから仕事頑張れる」と言ってもらえたときです。オープン当初は、Barの経験があるスタッフがおらず、みんな余裕がありませんでした。ですが挨拶や声掛けなど少しずつ改善することで、今は雰囲気も良くなり、お客様から「いつも楽しそうだね」と言ってもらえるまでになりました。今ではこれまで思い描いてきた理想の場所が実現できています。またお客様にも努力してきたことが伝わってきたんだなぁと嬉しくて、私自身も楽しみながら働いています。

私のこだわりはBAR96がただお酒を呑む場所ではなく、お客様同士、そして社員とお客様が繋がる場所であるということです。初めて出会ったお客様がご縁で繋がるために、お客様同士の共通点を見つけて、その共通点で会話を広げてあげることを心がけています。

チャンスを掴んだ経緯と、今後の目標は?

前職の経験から「もっとお客様とお話ができる仕事がしたい」と感じ、入社してすぐ思い切ってBAR96で働きたいと手を挙げました。

お客様からは「夜遅く開いているお店がないからここがあってよかった」と言ってもらえています。BAR96は、一日の最後に立ち寄る場所。言い換えるなら、人に寄り添って心のよりどころになれる場所だと思っています。第2の家のように感じてもらって、常連さんを増やしたい。また、私が店長になることでBAR96の2店舗目をつくり、ホッと休まる憩いの場を広げていきたいと考えています。

バイタリティの魅力は?

社員みんなが元気いっぱいなところ。社長が元気だから、明るくて元気な人が集まっています。人を見かけで判断せず、その人の魅力の部分を引き出すことができる会社です。
バイタリティでは入社してすぐに、同期で山梨県の白州蒸留所で研修を行います。その時に驚いたのが、みんな全力で飲んで食べて遊び倒す!仕事はもちろん全力ですが、遊ぶときもみんな全力です。みんなでバカなこともやって、とにかく笑いました。バイタリティらしさや、会社の仲間の雰囲気がわかった研修でした。もちろん、研修中にはお酒の知識はもちろん1年後、3年後どうなりたいかといった夢の話もします。打ち解け合った後だからこそ、より深い話ができたように思います。その他にもお誕生日会や年2回の表彰式など、様々なイベントがあることも魅力です。

心に残るお客様とのエピソード

バイタリティではウイスキーの蒸留所見学ツアーの研修があるのですが、それにお客様もいっしょに行ったことです。お客様から「行きたい」という声があり、実現しました。

他にも、バーで知り合ったお客様同士がそれぞれケーキを持ち込んで、誕生日会をすることもあります。私自身お客様からお土産を頂く機会も多いですし、スタッフのことも家族のように距離の近い存在と思ってくれているのが感じられて、とても嬉しいです。あたたかい人が多くて、プライベートのイベントで一緒に遊びに行くくらい仲良くしています。