logo
株式会社バイタリティ
RECRUIT2020

MEMBERS STORY
チャンスを掴んだ先輩たち

飲食未経験からつかんだ大きなチャンス
努力をコツコツ積み重ね
情熱こめて、美味しい蕎麦を打つ
長谷川 拓哉 一般社員/たむら

入社したきっかけは?

もともと、実家が蕎麦屋をやっていて、将来的には家業を継ぎたいと思っていました。ただ、前職は金融の仕事。蕎麦屋のアルバイト経験はあったものの、飲食店を経営したこともなければ、美味しい蕎麦を打つ技術もありません。だから、実家にすぐ戻っても戦力になれないと感じていました。

そこで、修行をしっかりと積みたくて、「手打ち蕎麦」というキーワードで働くことが出来る場所を探すことにしました。バイタリティは何社か見た中で、フィーリングで「会社の雰囲気がいい!」とピンときたんです。社長の前で「蕎麦屋がやりたい」と手をあげて、このお店への配属が決まりました。

仕事内容や仕事へのこだわりは何ですか?

美味しいお蕎麦を打てるように、日々精進しています。未経験で入った分、美味しい蕎麦を打つためには、周りの人よりも倍、練習量が必要だと思っています。日々の業務の中から練習の時間を増やすために、出来る工夫は色々あります。例えば、時間がかかる分、誰よりもお店に早く来て仕込みをしたり、誰よりも自分の仕事を早く終わらせてその分練習の時間に充てたりしています。

お客様からの「美味しかった!」と言っていただける蕎麦を打つために、自分の行動の一つ一つにこだわることを心がけています。また尊敬する師匠である田村さんが打つ蕎麦はとても美味しいので、田村さんが打ったものと同じくらい美味しい蕎麦を、自分でも打てるようになりたいと思っています。

チャンスを掴んだ経緯と、今後の目標は?

面接で「蕎麦をやりたい」と伝えました。当時はマネージャーとの面接だったのですが、僕が面接に来ると聞いて、実際に蕎麦・たむらで活躍する先輩社員として田村さんも来てくれたんです。また未経験なので基礎を学ぶのはもちろん大切ですが、現場に早く立つ環境があるのは魅力的でした。

お店としての目標は、居酒屋としても美味しいお店だと知ってもらうこと。たむらは昼の蕎麦のイメージが強く意外と知られていませんが、日本酒や一品系メニューも豊富なので、ぜひ夜にもお客様に足を運んでいただきたいです。 また僕個人としては、変わり蕎麦を打てるようにメニュー開発を行っていきたいです。ゆくゆくは、父親の蕎麦屋を継ぎたいと思っています。

バイタリティの魅力は?

社名の通り、「熱い会社」。みんな目標に向かって本気で取り組みます。社長も、社員も情熱を持った人が多いです。例えば、「頑張っていこうよ!」という社員同士の声掛けも多くて、士気の高い社員といると落ち込んでいても、もう少しだけ頑張ろうかなと思えます。そして、遊ぶときも全力なので、イベントごとではよく騒ぎ、よく飲みに行きます。

バイタリティらしいイベントと言えば、広島の日本酒・賀茂鶴の酒造研修があげられます。一般の方は入れない麹室に入らせて頂き、蔵人さんと一緒に朝から作業をします。体験を通して、細やかなこだわりが美味しさにつながっているのだと間近で見て知ることができました。また人から聞いた話でなく、実際に自分で体験してみたことなので、お客様に伝えられる知識の幅も広がります。思い入れができたことで、より美味しく感じられてオススメしたくなりました。

心に残るお客様とのエピソード

特別なイベントではありませんが、毎週決まった時間に来てくださるお客様が4~5組います。そんな常連のお客様からお酒をいただいたり、いっしょに楽しくお話をしたりすることが仕事のやりがいに繋がっています。また数あるお店の中から、「たむらに行こう」と選んでいただけることで蕎麦の味や接客に対して、居心地が良いなぁと感じていただけていると感じています。